外車 廃車 買取

国産車を廃車にするときは、通常手続きはパターン化しており、多くの場合は廃車業者に手続き代行を0円で依頼してすることになります。

しかし外車を廃車で買取してもらうとき、国産車と何が違うか?と気になったので、陸運局HPなどで調べて違いをまとめてみました。

外車を廃車にしたい方は、以下をご覧下さい。

「外車」とは?どんな車を指す?

「外車」とは、外国で作られた車のことを指します。海外で生産され日本に輸入された車を、左ハンドルでも右ハンドルでも「外車」と呼びます。

外車は「正規輸入車」「並行輸入車」「逆輸入車」に大きく分けることができます。

  • 正規輸入車
    …日本国内に直営店を持つ企業が販売している車(フォルクスワーゲン・BMW等)
  • 並行輸入車
    …海外の自動車メーカーからディーラーを経由し、並行輸入業者が国内に輸入した車
  • 逆輸入車
    …日本国内の工場で作られた海外向けの車(一度海外に出荷し、そこから日本に再び輸入して販売)

こうした「外車」の定義におさまる車を廃車にするとき、実は普通の国産車と手続きは同じです。

外車を日本国内で「廃車」にできるか?

外車は日本車と同じように廃車にできます。外車であっても、国内生産車と同じように日本のナンバープレートを付けて走行している車は、多くの手続きは国産車と同じなんです。

外車でも、自動車リサイクル法にのっとって、リサイクル料金を払っているので、国産車と同じように廃車にすることができるんです。

廃車にするとき外車と国産車の違いは?

外車を廃車にするときの手続きは、国産車と全く同じです。手続きの流れも同じです。廃車にするとき、陸運局で登録を「一時抹消登録」もしくは、「永久抹消登録」のどちらかを選ぶことになります。(国産車でも同様)

  • 一時抹消登録
    …一時的に登録を抹消し、再び運転する可能性のある場合に行う手続き。海外出張に数年間行く間などに行うもので、一時抹消登録機関中は、自動車税がかかりません。しばらく乗る予定がなく、車庫に置きっぱなしの車などがある場合は、一時抹消登録をするといいですよ。
  • 永久抹消登録
    …事故などで、永久に廃車にしたい場合に行う手続きです。

それぞれの手続きの流れと必要書類を以下にまとめてみました。

…しかしこれらの作業を自分で行う人は少なく、多くは廃車買取の業者に代行をたのんでいます。手続き代行費用はどこの業者も0円なことが多いので、問い合わせてみてください。ただし、うかつに悪徳業者に頼むと、その後しつこい勧誘メールが絶えないので、良質な業者を見極めましょう。⇒廃車買取業者の素人口コミランキング

永久抹消登録の手続きと必要書類は?

リサイクル業者から、車の解体終了の報告後、15日以内に手続きを行う必要があります。地域の運輸支局に行って手続きを行いましょう。

永久抹消登録に必要な書類は?
  1. 所有者の印鑑証明書(発行から3か月以内のもの)
  2. 所有者の委任状(印鑑証明書と同じ実印の捺印があるもの)
  3. 車検証
  4. ナンバープレート
  5. リサイクル券に書いてある「移動報告番号」と「解体委報告記録がされた日」のメモ書き(災害による廃車の場合は罹災証明書)
  6. 手数料納付書

上記はお店に手続き依頼した場合の必要書類で、自分で手続きをする場合は更に以下の書類も必要です。

  • 永久抹消登録申請書(および解体届出書)
  • 自動車税・自動車所得税申請書(自治体によるので、要問合せ)

    また、車検が1か月以上残っている場合や、車検証記載の所有者の住所・氏名が印鑑証明書と異なる場合は、別途書類が必要となるので、地域の陸運支局にあらかじめ問い合わせましょう。

    お店で廃車手続きの代行を頼むと、代行費用が掛かる場合もありますが、多くの廃車業者では、手続きを無料で行ってくれます。廃車の処分をしつつ、少しでも現金を求める方は、自分でやるよりも業者に頼んだ方がお得かもしれません。

    >>素人に人気の廃車業者のランキング

    永久抹消登録の手続きの流れ(自分でやる場合)
    1. 書類をすべてそろえる
    2. 運輸支局に行く
    3. 運輸支局で「手数料納付書」「永久抹消登録申請書(および解体届出書)」「自動車税・自動車所得税申請書」をもらい、記入する
    4. ナンバープレートの返却(2枚)…返納すると、手数料納付書に確認印が押されます。
    5. 運輸支局窓口に、書類の提出
    6. 運輸支局内の自動車税事務所の窓口に「自動車税・自動車所得税申告書」を提出

    これで、永久抹消登録の手続きは完了です。書類がそろっていれば、1日で終わります。

    トゥっくん

    運輸支局がたまたま混雑していると、かかる時間が読めないので、1日は開けておいた方がいいでしょう。

    一時抹消登録の手続きと必要書類

    こちらもお店に頼むか、自分で手続きをするかで若干変わってきます。永久抹消登録の手続きと必要書類はほぼ同じですが、所定の条件下で用意するものが変わるため、あらかじめ陸運支局に問い合わせましょう。

    一時抹消登録の必要書類。
    1. 所有者の印鑑証明書(発行から3か月以内のもの)
    2. 所有者の委任状(印鑑証明書と同じ実印の捺印があるもの)
    3. 車検証
    4. ナンバープレート

    上記はお店に手続き依頼した場合の必要書類で、自分で手続きをする場合は更に以下の書類も必要です。

    • 手数料納付書
    • 一時抹消登録申請書(および解体届出書)
    • 自動車税・自動車所得税申請書(自治体によるので、要問合せ)

    一時抹消登録にかかる費用は、350円です。お店にその手続きだけを頼む場合は代行費用がかかるので、事前に確認しておきましょう。

    一時抹消当日の手続きの流れ(自分でやる場合)
    1. 書類をすべてそろえる
    2. 運輸支局に行く
    3. 運輸支局で「手数料納付書」「一時抹消登録申請書」「自動車税・自動車所得税申請書」をもらい、記入する
    4. 登録手数料を支払う(印紙を購入し、手数料納付書に貼り付ける)
    5. ナンバープレートの返却(2枚)…返納すると、手数料納付書に確認印が押されます。
    6. 運輸支局窓口に、書類の提出すると、その場で「登録識別情報等通知書」が公布されます。
    7. 税務署へ行き、「自動車税・自動車所得申告書」「登録識別情報など通知書」を提出し、一時抹消の申告をする。

    だいたいの流れはこのような形になります。最後の「税務署へ行く」という項目のみ、地域によっては陸運局で完結する場合がありますので、事前に確認してみてくださいね。

    永久抹消と同じ流れではあるものの、税務署へ行く手間を考えると、やはり1日がかりの手続きとなるので、有料でも代行を頼む価値はありますね。ただし、永久抹消登録の場合と違い、廃車買取業者に車を譲るわけではないので、この場合の手数料はかかります。

    >>廃車本舗公式サイト

    廃車の手続きを全部してくれる業者は?

    と、基本的な手続きの流れを説明したものの「無理…」と思われる方も多いと思います。私も実は自分で手続きをしたことはなく、全て業者に手続き代行を頼んでいます。

    廃車の買取業者の多くはこうした面倒な手続きを全て0円で代行してくれるので、気兼ねなく業者に頼むといいでしょう。

    ただし、業者によっては悪質な価格を付けるところや、スタッフ対応の良しあしがあるため「素人に好評の廃車買取ランキング」で評判のいいところを選んでみてください。公正な口コミサイトから生の声を集めて作ったので、信頼度は高いと思われます。